人と会うのが辛くなるどもりが悲しい

人と会うのが辛くなるどもりが悲しい

30代になってからどもりというものになりやすくなりました。信頼できるどもり 原因で!
10代や20代の頃には、はっきりと言葉を喋ることができました。まさか自分がどもりになるとは思ってもみなかってので、人から指摘をされた時にはとてもショックでした。

 

そのどもりに気が付いたのは、中学校時代からの友人から言われた時でした。その友人は、頻繁に電話で話しをしている人でした。

 

ある日、いつも通りにその人に電話をして話しをしていました。すると、その人が「なんか聞きにくい」と言ってくるのです。自分では普通に話しているはずだと思っているのに、その人にはどうも何を言っているかが分からないと言うのです。

 

はじめのうちはしっかりと喋りが分かると言うのですが、途中からどもりはじめると言うのです。語尾がはっきりせず、モゴモゴという感じで聞こえるとも言います。

 

そんなどもりになってからは、人と喋ることが億劫になってしまいました。もっと知りたい!どもり 原因←こちら
話すことが楽しいと思わず、人に会うのも辛くなってしまうのです。